月刊メルマガ11月号 Vol171~ついに本が完成しました~

エネ経会議関係者の皆さま お名刺交換をさせていただいた方に送信しています。
配信停止等は、お名前と受信メールアドレスをcontact@enekei.jpまでご連絡ください。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


気候変動と地域経済と中小企業と

気候変動と地域経済と中小企業と


代表理事 鈴木悌介より


気候変動と地域経済と中小企業と
 
今回の台風で、貴い命を落とされた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族には心からのお悔やみを、被災された方々にはお見舞いを申し上げます。

酷暑、集中豪雨、頻発する台風など、確かに気候が変わってきていることを実感させる現象が身の回りで起きています。気候変動というちょっと前までは新聞紙上やTVの中の話だと思っていたことが現実になってきました。
私の地元の箱根も大変なことになっています。降り出してから1000ミリを、24時間でも800ミリを超える観測史上最大の降雨量の豪雨でした。被害の状況が日を追うごとに明らかになってきています。人気の登山電車の復旧はかなり時間がかかりそうです。道路の全面開通ももう一息。ゴルフ場もまだ再開できないところがあります。旅館、ホテルでは施設そのものが被災し営業できないところは少ないのですが、宿に温泉を供給している施設がダメージを受けており、温泉が出ない宿が相当数あります。箱根と一体の経済圏を成す麓の小田原への影響も小さくはありません。

登山電車以外のハードは比較的早く復旧し、安全な箱根が戻ってくるでしょうが、さらなる問題は「今回の被災地は箱根だけでない」ということです。つまり、関東、静岡、甲信越、東北など箱根の商圏のお客様が被災してしまっているということです。仮に箱根のハードが整っても、来てくれるお客様がいるかどうかが心配です。さらに、観光をしている場合ではないというムードが漂い始めていることも気になります。私の会社にとっても、私が会頭を務める小田原箱根商工会議所にとっても、箱根への誘客、防災体制の見直しなど、即やらなくてはならないことがまったなしです。

次に目線を上げて此の間のことを観察してみると、これまた大変なことが分かってきました。台風上陸前後の日本の太平洋沿岸の海水の温度が29℃にも上がったそうです。29℃というのはちょっと前までは台風が発生する南方海上の温度レベルなのだそうです。日本のすぐそばで台風が発生したり、日本列島に近づくと弱まるのが通例だったものが最近は逆に勢力を増したりといった今までなかった現象の説明がつくわけです。海水温度の上昇は地球の温暖化による現象だとすれば、もはや異常気象ではなく常態化することになります。ということは、このような台風は何十年とかに一回という不運なことではなく、当たり前のようにまた繰り返すということです。そのことを前提条件として受け入れての商売のあり方も考えていかなくてはなりません。

さらに、その先には、その原因である気候変動に対して企業として何ができるか?という大きな宿題があります。中小企業だから関係ないとか、できることはないと言っていられない状況だと思います。

その中で皆さんが必ず使っているエネルギーを見直すことから始めませんか?省エネに取り組み、化石燃料を使わない再生可能エネルギーにできるところから切り替えていく。

エネ経会議がお手伝いできることがあると思います。エネルギーなんでも相談所にご一報ください。気候変動は既に他人事ではなく、ここにある自分事です。
 
 
 
 
 


「エネルギーから経済を考える②実践編」完成!



お待たせいたしました。「エネルギーから経済を考える②実践編」が出来上がりました。著者の筆の遅さ故、だいぶ時間がかかってしまいましたが、その分、内容は濃いものになったと、手前味噌ではありますが、思っております。ご協力の賜物でございます。心よりの御礼を申し上げます。

東日本大震災と福島の原発事故の直後に上梓した第一巻は、思いや考え方を主に著したものでした。それから7年が経ち、エネ経会議のお仲間の活動が進み、世に知っていただきたい実例が増えてきました。

また、気候変動やSDGsといった言葉が一般化し、地球規模で時代の潮目が大きく変わってきたように思います。

そんな中でしたためました第二巻であります。ご一読くださり、ご感想をお聞かせいただければと存じます。

本当にありがとうございます。

 
ご購入はこちらのページから

お待たせいたしました。「エネルギーから経済を考える」第二巻実践編が出来上がりました。

.


2019年度の年会費のお支払いについてご案内

会員の皆さまに、次年度年会費のお支払いに関して、3月13日以降にハガキまたはメールにてご連絡しております。
期日までにお支払いの漏れのないようお願いをいたします。
〔お振込みの方〕
 お支払い期日 ~2019年12月25日(木)までに
〔お引き落としの方〕
 口座振替実施日 2019年4月17日(火)

〔年会費 2019年度分 2019年4月1日~2020年3月末〕
 正会員ご請求額 1年度分 10,000円
 サポート会員ご請求額 1年度分 2,000円

〔お振込みの方 振込口座は下記のとおりです〕
 ○ 銀行名 : 横浜銀行 小田原支店(店番:721)
 ○ 口座名 : 一般社団法人エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議
      シヤ)エネケイカイギ
 ○ 口座番号 : 普通預金口座 No. 6087034

どうぞ、よろしくお願いいたします。


 


編集;事務局長 小山田 大和


6月号を最後に4カ月にわたって配信が滞りましたこと。心からお詫びを申し上げます。今後は出来うる限りの配信に努めてまいりますので、変わらぬご支援をよろしくお願いします。

記事に掲載された情報の利用に関しては、ご会員さまご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。掲載された内容の計画、見通し、戦略などのうち、歴史的事実でないものは、将来の見通しであり、これらは現在入手可能な情報から得られた判断にもとづいております。実際とは異なる結果があることをご了承ください。メールマガジンを転送・転載・2次利用(切り張り等含め)なさる場合はご一報ください。ご利用者の本記事に対する公開範囲に制限はありません。本掲載記事の著作権はエネ経会議が保有しております。(C)2019 一般社団法人エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議all right reserved.
※今月号及び過去分のメルマガはこちらからご覧いただけます。