エネ経会議

エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議

地域プラットフォーム構築事業

「補助対象事業者は、協力事業者と連携をして省エネルギー相談地域プラットフォームを構築し、中小企業等の省エネルギーに係る取組についての相談窓口となります。」

とありますように、エネ経会議が補助対象事業者となり、エネルギーなんでも相談所のテクニカルアドバイザーを中心とした協力事業者(個人)を組織化して支援体制を組んだ上で応募することになります。ポイントは必ず自治体を協力事業者に組み入れなければならないという点にあります。

今回は神奈川県庁、小田原市、平塚市、柏市、岸和田市のご協力を得ることが出来まして、支援対象地域を神奈川県、柏市、岸和田市として「エネルギーなんでも相談事業」として応募6月5日に交付決定の運びとなりました。

経産省からは今回の補正では”従来中小企業に対する省エネ支援制度では、とかく顔の見えない点が問題視されていたので今回はそこに対する手を打つことを主眼とした活動としたい”、との説明がありました。できれば次年度以降は本予算に組み入れたいとのことですので、なんでも相談所としても今年の活動をしっかりと行い具体的な相談事例を作っていきたいと考えています。

特に我々の活動で経産省から好感を持たれた点は、会員同士の顔の見える関係で支援対象企業を選出して省エネ相談をしていく、というところにありますので是非会員皆さんのお声掛けを通じ支援対象企業の輪を広げていきたいと考えますので宜しくお願いします。

なお、補助金対象の活動期間は6月5日~2016年1月15日となります。

ページトップ

エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議

Copyright 2015 一般社団法人 エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議 all right reserved.