エネ経会議

エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議

亀山 秀雄 東京農工大学工学府産業技術専攻教授

1978年 東京大学工学系研究科化学工学専攻博士課程修了 
学 位 工学博士 
化学工学の研究と教育に加えて技術経営(MOT)の教育と研究の2足わらじを履いている昨今であるが、環境エネルギー技術開発分野で両学術分野の融合を志向している。 
研究内容としては、化学工学の技術を地域の活性化に活用できるように、社会技術としての新しい技術体系の構築を行っている。 

代表的な著書: 
『骨太のエネルギーロードマップ』監修著 化学工業社(2005/10) 
『蓄熱技術―理論とその応用〈第2編〉』共著 信山社サイテック(2001/7) 
『エクセルギー工学』共著 出版社共立出版社(1999/2) 
『エネルギー・資源リサイクル』培風館(1996/7) 
研究テーマ 
①観光地域における地産地消による地域活性化とCO2削減技術の提案 
②貴金属を使用しない排ガス(自動車、工場、バイオマスプラントなど)の触媒燃焼除去技術の開発 
③水と空気から再生可能エネルギーを使用してアンミオニアを製造るプロセスの研究 
④稲わらや食品廃棄物からのエタノールを利用した燃料電池による発電と熱利用技術の開発 


ページトップ

エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議

Copyright 2015 一般社団法人 エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議 all right reserved.